1. ホーム
  2. コラム
  3. 【アジアにおけるソーシャルメディア活用】最新!アジアにおけるソーシャルメディア利用状況

【アジアにおけるソーシャルメディア活用】最新!アジアにおけるソーシャルメディア利用状況

ソーシャルメディアを広報・マーケティングに活用するにあたって、Facebook、Twitter、LINE等ソーシャルメディアの選定はターゲットが大変重要です。なかでも中国社会のインフラとなっていると言われるWeibo(新浪微博)は、中国市場における宣伝やマーケティングに欠かせないソーシャルメディアと言われ、日本企業もその多くがアカウントを開設・運用を行っています。

本セミナー資料では、それぞれの国によって異なるソーシャルメディアの最新利用状況をご説明し、アジアに進出するにあたり“いま注目するべきSNS“を明らかにします。

資料サマリー

  • より重要になるアジア経済圏
  • 急速に進むインターネットの普及
  • 圧倒的なスマホ人口
  • ネットが使えればソーシャルは利用する
  • ソーシャルメディアにかける時間は日本より長い
  • スマートフォンの利用目的
  • よく「共有」する
  • 企業の情報も「共有」する
  • 企業の姿勢をしっかりと伝えることが大切
  • アジアの人はソーシャルメディアが大好き。ソーシャルメディアのマーケティング活用は欠かせない
  • 国別ソーシャルメディア活用
  • 日本:高いネット、モバイル普及率。ソーシャルメディアの活用度は意外と低い
  • 韓国:Facebookがもっとも広く普及。ソーシャルメディア利用時間は日本と同じくらい
  • 台湾:Facebookが最も普及しているが、独自のSNSも引き続き存在
  • タイ:多くの国民がFacebookを利用。ソーシャルメディア利用時間No.1
  • シンガポール:アジアNo.1のモバイル普及国
  • マレーシア:Facebookが他を大きく引き離している。モバイル普及率も高い
  • インドネシア:圧倒的なFBユーザー数
  • インド:世界一のソーシャルメディア人口。FacebookとGoogle+が広く普及
  • 中国:中国独自SNSが広く普及。Facebook、Twitterは利用できない
  • 国別状況のまとめ
  • 世界No.1SNS。Facebook
  • アジアのFacebookユーザー数ランキング
  • 企業アカウント
  • 各国の企業アカウントとをツールを使って調査。ローカルのファン数
  • 各国ファン数の上位Facebookページ。ファン数(ローカル)の平均値
  • Facebook広告に対する反応
  • 試算:各国でファンを1万人集めるためには?
  • Facebook以外は?
  • Twitterユーザーも伸びている
  • メッセージアプリの普及も進んでいる
  • スマホアプリ ダウンロードランキング
  • 東南アジアでのアクティブユーザーが全体のユーザー数を牽引
  • LINE自身がプロモーションを実施し、普及に力を入れている
  • 日本企業の活用事例も既に多数あり
  • 海外でも日本とほぼ同様のメニューが実施可能
  • 運用における課題点は?

カテゴリ: 未分類
2015年01月21日

RSS