1. ホーム
  2. コラム
  3. 【広報ソーシャル活用】広報ソーシャル化7ヶ条~新しいコミュニケーション方法に対応するために~

【広報ソーシャル活用】広報ソーシャル化7ヶ条~新しいコミュニケーション方法に対応するために~

多くの企業広報でFacebookをはじめとしたソーシャルメディアが企業PRとして活用されるようになりました。
本セミナー資料では、新しいコミュニケーション方法に対応するための「広報ソーシャル化7ヶ条」についてご紹介します。

資料サマリー

ソーシャルメディアの現状のおさらい

  • 日本でのソーシャルメディア利用者数
  • 「Facebook、Twitterの運用は『当たり前』に」
  • LINE公式アカウント数推移
  • LINE公式アカウント友だち数推移
  • YouTube「国内大手企業のアカウント開設は85%」
  • 「日本ではエンタメ系が中心も、企業活用も進んでいる」
  • ソーシャルメディアの国内でのユーザー利用は進んでいるまた、企業の活用も当たり前になっている。

ソーシャル化のための7ヶ条

  • 1:効果測定の方法が確立されているか
  • Facebookページファンの価値計測アンケート調査
  • 2:コンテンツを生み出す体制はあるか
  • リアルタイムなコミュニケーション
  • 3:ソーシャルメディアで動画を有効活用しているか
  • 動画の投稿はリーチにつながりやすい!
  • 動画の投稿事例:ソフトバンク
  • ニュースフィードでの動画の自動再生がスタート!(オーガニック+広告)
  • 4:ユーザーの声をきちんと聞いているか(リスニング)
  • リスニングの目的と手段
  • 5:コミュニケーションを積極的にとっているか
  • Facebookでの対応
  • オンラインでのサポート
  • 継続的なコミュニケーション
  • 6:運用テクニックを活用できているか
  • 写真を複数枚同時に投稿することでリーチが上がる
  • 複数枚投稿の事例
  • Twitterカード
  • 7:オウンドメディアがソーシャル対応しているか
  • 世界のBRANDから学ぶ
  • ソーシャルメディアでの投稿をWEBサイトに反映
  • コミュニティとしてのオウンドメディアが増える傾向に。

アメリカの先進事例にみるソーシャルメディア活用の今後

  • ソーシャルメディアコマンドセンター
  • コマンドセンターを持っている企業

カテゴリ: Facebook, ソーシャルメディアマーケティング
2015年01月21日

RSS