1. ホーム
  2. コラム
  3. 【CSV・CSR】CSV経営の理念と実践フレームワーク:バリューチェーンのCSV(事例)ユニリーバほか

【CSV・CSR】CSV経営の理念と実践フレームワーク:バリューチェーンのCSV(事例)ユニリーバほか

「Creating Shared Value」略してCSV。
日本語で「共有価値の創造」や「共創価値」と訳される新しい経営戦略の考え方があります。2006年に米国マイケル・ポーター教授とマーク・クラマー氏共著「競争優位のCSR戦略」という論文で発表された経営概念です。

また、共有価値の創造とは、企業が環境問題など社会的課題の解決に取り組み、政府やNGO/NPO、地域コミュニティなど社会的課題を抱える他セクターと協業しながら事業利益を得ていくという新しい経営手法です。

これまでの社会貢献事業やCSR(社会的責任の遂行)とは異なり、社会課題への取り組みそのものを事業化し社会的価値を創出しながら自社の利益も追求してゆく点に特徴があります。

海外ではネスレを始め多くの企業が経営にCSV手法を取り入れ、成果を出し始めている段階に入っていますが、日本ではまだまだなじみが浅く、実践事例が少ないのが現状です。

本セミナー資料では、CSVの基本的な考え方と、経営に取り入れていく際のフレームワーク、実際の導入コンサルテーション事例をご紹介いたします。

資料サマリー

  • 企業への社会問題解決への期待の高まり
  • CSRからCSVへ
  • CSVと3つの方法
  • CSVとCSRの相違
  • 製品・サービスのCSV
  • 製品・サービスのCSV(事例)GE
  • ステークホルダーとの対話GE
  • 製品・サービスのCSV4つの創出パターン
  • バリューチェーンのCSV
  • バリューチェーンのCSV8つの活動モデル
  • バリューチェーンのCSV(事例)伊藤園「茶産地育成事業」
  • バリューチェーンのCSV(事例)ユニリーバ
  • クラスターのCSV企業と社会の相互依存
  • クラスターのCSV競争基盤の強化
  • クラスターのCSV5つの活動モデル
  • クラスターのCSV(事例)日本郵船
  • クラスターのCSV(事例)ノボノルディスク
  • CSVの経営的意味合い
  • CSV推進に向けた押さえどころ
  • ビジョンの明確化ユニリーバ
  • 目標設定によるPDCAマネジメントユニリーバ
  • 仕組み/プロセス整備ユニリーバ
  • ビジネス戦略としての「サステナブル・リビング・プラン」
  • 目的による戦略ポジショニング
  • CSV関連コンサルティング・サービス
  • CSVワークショップ
  • CSVポテンシャル診断
  • CSVビジョンの策定

カテゴリ: Creating Shared Value(CSV)
2014年09月24日

RSS