1. ホーム
  2. コラム
  3. 【グローバルWeb支援】グローバルWebサイトを日本企業が円滑に運用するには?~言語、時差、拠点間のコミュニケーションの実際と、運用の理想形とは?~

【グローバルWeb支援】グローバルWebサイトを日本企業が円滑に運用するには?~言語、時差、拠点間のコミュニケーションの実際と、運用の理想形とは?~

現在、多くの日本企業が海外進出を果たし、アジアをはじめとしたグローバル市場を主戦場にしています。
企業がグローバルで経済活動を行う際に、WebサイトやSNSの活用は欠かせないものになる一方で、企業視点から正しくブランドやマーケティング活動を伝えると同時に、各国や地域のユーザー視点で最適化を図る必要があります。

日本企業がヘッドクウォーターとしてグローバルサイトを運営していくために、言語、時差、拠点の状況など検討しなくてはならないポイントが多くあります。

本セミナー資料では、今回は、今後日本企業のビジネス展開において重要になるグローバルWebサイトの運用におけるポイントについて、多くの大手日本企業さまの大規模運用を手掛けてきたメンバーズが、実例に基づいてお話しします。

資料サマリー

  • 【前置き】国内Web運用のお困りごと
  • 国内と海外のガバナンスの違い
  • こんなサイトになっていませんか・・・
  • 見て見ぬふりを続けると・・・
  • 今日のお話しで押さえて頂きたいポイント
  • グローバル運用で実現したWebマネジメントセンターの姿
  • 世界16カ国に展開するグローバルサイトの運営
  • 当初、感じた課題
  • 僕たちが解決せねば・・・・・!
  • 1.日本HQのマネジメント業務巻き取り
    • 【事例1】1.日本HQのマネジメント業務巻き取り
    • 【事例2】1.日本HQのマネジメント業務巻き取り
  • 2.各国担当者の業務・教育支援
    • 【事例1】2.各国担当者の業務・教育支援
    • 【事例2】2.各国担当者の業務・教育支援
  • 3.「ジャパンクオリティ」の各国提供
    • 【事例1】3.「ジャパンクオリティ」の各国提供
  • 結果として・・・
  • やってみて気づいた:ガバナンスのポイント
  • 【PR】グローバルWebにまつわるお悩みがある方は、、、

RSS