1. ホーム
  2. コラム
  3. 【オウンドメディア】パラリンピックの感動を伝える事に成功!スカパー!が実践したオウンドメディア×ソーシャルメディア(Facebook、Google+、Twitter、Vine、Instagram)活用法

【オウンドメディア】パラリンピックの感動を伝える事に成功!スカパー!が実践したオウンドメディア×ソーシャルメディア(Facebook、Google+、Twitter、Vine、Instagram)活用法

本講演資料では、パラリンピックの感動を伝える事に成功した「スカパー!」が実践した、ソーシャルメディア(Facebook、Google+、Twitter、Vine、Instagram)フル活用のサイトとその運用の舞台裏を公開します。

資料サマリー

  • 何故スカパー!は、パラリンピックに取組むのかはじめに・・
  • スカパー!の制作姿勢
  • 放送概要
  • プロモーションキャッチコピー
  • CMをご覧ください
  • オウンドメディア×ソーシャルメディア
  • 実現したかったこと
  • 組織委員会がソーシャルメディアガイドラインを策定。ソーシャルメディアの活用を推奨
  • 実現したかったこと
  • ゴール設計
  • 実施あたって・・
  • 専門媒体との連携
  • 主要ソーシャルメディアを網羅
  • ◆「パラフォト」と連携し、パラリンピックの専門性の高いコンテンツ発信
  • ◆検索された際の対策(期待効果)
  • Googleで検索すると・・
  • ◆本施策での柱
  • ◆リアルタイムに発信・コミュニケーション⇒写真、動画を活用
  • ◆現地で発信できる強み⇒言語ではなく、ビジュアルで表現
  • オウンド×ソーシャル
  • 「動きのある」サイト(ビジュアル・更新頻度)
  • 異なる2つの運用体制
  • ソチ現地での話
  • 動画(Vine)も
  • 総投稿数:1,332(1日平均55投稿)
  • Twitterでのコミュニケーション
  • リアルタイム広告
  • メディアからの反応
  • Twitter上での影響度も上々
  • 実際に、視聴者にどう受け止められたのか
  • たくさんの暖かいメッセージ
  • 課題
  • リオに向けて

RSS