1. ホーム
  2. コラム
  3. 【クロスチャネル/キャンペーンマネジメント】マーケティングオートメーション運用による エンゲージメント創出について

【クロスチャネル/キャンペーンマネジメント】マーケティングオートメーション運用による エンゲージメント創出について

テクノロジーの発展により「“個”客との対話や1 to 1マーケティングのできたらいいな!」が、情報システム部門を介さずにできるようになってきました。
ただし、キャンペーンマネジメントのシステムやツールを導入しただけでは、「できたらいいな!」が実現しないのはご存じのとおりです。

本セミナー資料では、Webサイト・メール、インターネット広告、ソーシャルメディアでメンバーズが培ってきているPDCA運用の視点から、マーケティングオートメーションについてお話しいたします。

資料サマリー

  • マーケティングオートメーション運用による エンゲージメント創出について
  • メンバーズの強み
  • デジタルマーケティングの 「運用」の会社 ⇒ネットビジネスパートナー
  • Owned Media – サイト – コミュニティ – アプリ – メール
  • Social Media アカウント
  • Paid Media(運用型広告) – ネット広告 – ソーシャルメディア広告
  • あらゆるプラットフォームやメディアのPDCA 運用で、エンゲージメントを創出しています。
  • なぜいま、マーケティングオートメーションなのか?
  • オムニチャネル化する、顧客・見込客とのコミュニケーション
  • 店舗 コール センター 顧客・見込客とのコミュニケーションに求められるチャネル
  • キャンペーン(施策)の数は無限に考えられる…
  • 2014年にデジタルマーケティング予算を増やす領域トップ3
  • クライアントとエージェンシー両方にいたことのある、USのベテランマーケターによる、この正月休みに一番読まれた記事
  • 「2014年にやるべき7つのマーケティング施策」
  • 顧客獲得・維持・育成のための、 キャンペーンマネジメント/リアルタイム パーソナライゼーション
  • マーケティングオートメーション運用のポイント
  • WebコミュニケーションのPDCA運用に強みをもったメンバーズが、 最新テクノロジーを活用して、マーケティングオートメーション運用を支援いたします
  • <“個”客との対話><1 to 1マーケティング>のできたらいいな!が、できるように
  • <“個”客との対話><1 to 1マーケティング>のできたらいいな!が、できるように
  • 継続的顧客エンゲージメント
  • エンゲージメント創出したであろうメッセージ配信
  • メールの意義 1 ~アクイジション~
  • メールの意義 2 ~リテンション~
  • 最適な“Next Best Offer“のために
  • メンバーズの マーケティングオートメーション運用支援サービスについて
  • 【施策の目的、業務フローや課題について】
  • 【現状スペックについて】
  • 【あればぜひご用意いただきたいもの】
  • 既存DBを直接読みにいける!
  • ソリューション マーケティングオートメーション運用支援サービス

カテゴリ: DMP, LINE, マーケティングオートメーション, 未分類
2014年05月22日

RSS